古家 リフォーム事例

逗子市久木の古家を賃貸向けにリフォームし賃貸住宅として活用した事例です。
築約30年の木造 約76平米の古家でした。この広さの場合、2LDKや3LDKの間取であれば賃貸需要が高いのですが、本物件は残念ながら3DKという間取でした。(建築当時は一般的な間取だったようです。)また、室内や建物の老朽化も激しく工務店が勧める通常のリフォームでは賃貸住宅として採算が見込めない課題を抱えていました。

そこで、近年の入居者ニーズをリサーチしコストを抑えながらも付加価値を付け賃貸物件に再生した事例です。具体的な内容としては間取の変更は工事の規模が大きくなりコストもアップすることから、間取はそのままに、内装をナチュラルなテイストに変更し、水回りのリフレッシュを行い、コストをかける部分と抑える分のメリハリを考慮したリフォームが行われました。また、お部屋探しをする方の要望の高い入居者条件を設定することによりリフォーム完了後すぐに賃貸のお申込を頂き近隣の家賃相場よりアップして成約した事例です。

リフォーム前

リフォーム後

関連記事

PAGE TOP