旧 2世帯住宅を活用したシェアハウス

本計画は逗子駅からほど近い位置にある2世帯住宅の活用として誕生しました。
元々長屋式の完全分離型の2世帯住宅であったため、単なる賃貸住宅としては活用しづらい間取でした。また、建物も古く設備が老朽化していたためリフォームのコストを貸家として回収するのは非効率であるという課題がありました。

そこで、母屋にあたる建物を複数人数で生活できるシェアハウスとして活用し、独立したもう一方の建物をDIYができる賃貸住宅と致しました。

縁側や庭を、シェアハウス、賃貸住宅それぞれのご入居者の方が共有し、逗子ならではの趣味や充実したライフスタイルの経験が可能なコンセプトで地元出身のオーナーが入居者の声を直接聞き、イベントを開催するなどして運営しています。

リフォーム前のキッチンの様子

リフォーム後のリビング・キッチン

 

関連記事

PAGE TOP