空き家の税金

不動産には固定資産税・都市計画税がかかります。
この2つの税金には「住宅用地の特例」で税の軽減措置が講じられます。しかしながら住宅がなくなったり、住宅として認められなくなるとこの軽減措置がなくなり税金が高くなります。
軽減内容は以下の表のとおりです。つまり、建物がなくなったり、住宅として認められなくなると固定資産税が6倍になってしまうこともあるのです。

住宅用地の特例措置

区分 固定資産税 都市計画税
小規模住宅用地 住宅用地で住宅1戸
につき200m2までの部分
価格×1/6 価格×1/3
一般住宅用地 小規模住宅用地以外の
住宅用地
価格×1/3 価格×2/3

関連記事

PAGE TOP